久居市

hisai

久居市は、三重県に存在した市です。
2006年1月1日に旧・津市等10市町村で合併して津市となり廃止しました。
榊原温泉は、清少納言の「枕草子」に有馬温泉、玉造温泉と並び日本三名泉として挙げられています。
三重県中勢地域にあります。水道修理 寝屋川市
市章は久居の「久」の字が5つ繋がった形になっています。
市西部にある青山高原は、若狭湾から伊勢湾にかけての「日本のくびれ」といわれる地峡部に位置していました。
周りの山地に比べ比較的標高が低いため、日本海と太平洋の間を卓越する風の通り道となっており恒常的に安定した風速が得られます。
そのため大規模な風力発電所が立地しています。
青山高原にある風力発電設備は24基であり日本有数の設備です。

Hisai city is the city that existed in Mie prefecture.
On January 1, 2006, it was merged at 10 municipalities including Tsu City and was abolished as Tsu City.
Sakakibara Onsen is cited as three Japanese fountains alongside Arima Onsen and Tamasu Onsen in the “Pillow child” of Kiyomasa.
It is in the Mie prefecture of Mie prefecture.
The city chapter has become the shape that five letters of “Hisashi” of Hisai join.
The Aoyama plateau in the western part of the city was located in the strait part called “Japan’s waist” from Wakasa Bay to Ise Bay.
Because the altitude is relatively low compared to the surrounding mountains, it is a pathway of wind that dominates the Sea of Japan and the Pacific Ocean, and permanently stable wind speed can be obtained.
Therefore, a large-scale wind power plant is located.
There are 24 wind power generation facilities in Aoyama Kogen, Japan’s leading facilities.