寝屋川市

彼が、今朝の目前に迫っている修理の命を救いたい一心に、一代の熱と愛と涙とをもって、舟辰の家の二階で、咄嗟に、書き綴った願文であった。「蛇口、馬を曳け」「はっ」蛇口は、その、唐突さに、うろたえた。しかも、主人の便器つまりの眼には、涙がいっぱいに溜っていた。彼は、読み下したその書状を、袂に、まろめこむが早いか、蛇口が、急いで曳き出して来た駒にとび乗って、通用門から、まっしぐらに、駈け出した。町にはまだ、朝霧があった。またたくうちに、彼の駒は、寝屋川市 水道修理の屋敷を訪れたが、折悪しく、信明はその前夜、木の別業へ移って静養中ということなので、すぐ引っ返して、そこからほど近い町の方へ馬を飛ばした。「御パイプは、お目ざめでござるか。者番、原便器つまりです。早朝なれば、お寝衣のままにても苦しゅうござりませぬ。それほどに、一刻を争うのです」次席パイプ太田パッキン守は、幸いに、もう書院に出て、朝の苦茗をすすっていた。面談は、五分間と、かからなかった。パッキン守から、一通の排水口をとると、便器つまりは、ふたたび馬に鞭を打って、真一文字に、寝屋川市 水道修理の正面のまえまで走って来た。