損傷した天井の交換

木材を2枚切ります。鋸を使って9x4x1 / 2インチ(22.86×10.16×1.27cm)の合板の2枚を切断します。これらの木片はあなたの乾式壁の支柱として機能します。あなたが天井に穴を開けて金属のランナーや天井の梁を持っている場合は、代わりにランナーやビームに直接ねじ込むことができるので、これらの木製の括弧を作成する必要はありません。
または、乾いた壁を最も近いフレーミング・メンバの中央にカットすると、このステップをスキップできます。

あなたの天井の穴の内側に木製のブレースをねじます。合板から作られた木製の括弧を穴に置き、天井の上に平らにしてください。穴の上には2インチ(5.08 cm)の重なりがあります。次に、2本のネジを既存の天井に通して梁にねじ込みます。ネジは各木片の上部と下部にある必要があります。穴の反対側でプロセスを繰り返します。

穴よりも2インチ(5.08cm)広くて長い乾式壁を切り取ってください。あなたの交換用の乾式壁を2インチ以上長くして広げると、各側に1インチ(5.08cm)のたるみが残ります。[11]
これはホットパッチと呼ばれ、より小さい2インチx 2インチ(5 cm x 5 cm)のパッチでのみ実行することを推奨します。

測定し、乾式壁の片側の端から1インチ(2.54 cm)をマークします。乾式壁の正方形を裏返し、ルーラを使用して乾式壁の各端から1インチ(2.54 cm)を測定します。次に、ストレートエッジを使用して縦横の線を描き、乾いた壁の周りに1インチ幅(2.54 cm)のフレームのように見えるようにします。このスラックは、交換用の乾式壁を天井に混ぜて、それが平らになるようにします。

乾式壁の裏層を切断し、紙の前面層を残す。ユーティリティナイフを使用して、乾いた壁の前の層に達するまで、紙の裏層と乾式石膏の石膏を切り取ってください。あなたが切っている間、あなたがガイドとして乾式壁の背面に作ったマークを使用してください。パテナイフを使用して紙と乾式壁石膏の裏面層を慎重に剥がして、表面に面する紙面が乾いた壁紙の周りに1インチ(2.54 cm)のフレームを形成するようにします。
あまりにも深く切らないようにしてください。そうしないと、乾式壁の前面に切れます。
あなたは、あなたの修理を混ぜ合わせるために、紙の前の層を使用します。

穴の周りにジョイントコンパウンドの薄い層を適用します。あなたのドライウォールパッチは、軽量または万能のドライウォール化合物で適所に保持することができます。この化合物をオンラインで購入することも、ハードウェア店で購入することもできます。[13]穴の縁にこてを付けてジョイントコンパウンドを塗布します。それから、はしごで、それが均等に分配されるようにそれを注意深く広げてください。

交換用の乾式壁を穴に押し込みます。ある角度で、交換用の乾式壁を穴に押し込みます。次に、乾いた壁が天井と同じ高さになるように調整します。あなたが以前ねじ込まれた梁は、新しい乾式壁のバックボードのように働くでしょう。

あなたの木製の括弧の中に乾式壁をねじ込みます。パワードリルを使用して、以前に作成した木製の括弧に新しい乾式壁のパッチを取り付けます。ドライウォールパッチの各隅にネジを入れて完全に固定します。
最大2インチx 2インチ(5 cm x 5 cm)の小さなパッチの場合は、ネジを使用する必要はありません。代わりに、ドライウォールペーパーを使用してパッチを固定することができます。

あなたの新しい乾式壁の表面上で化合物を働かせます。乾いた壁の化合物をあなたの乾式壁の交換部分の表面に広げるためにこてを使用してください。目に見えるネジがなくなり、パッチの端が見えなくなるまで、化合物で天井に正面の紙の端を加工します。
これには数回の化合物のコーティングが必要です。

ドライウォールコンパウンドを一晩乾燥させます。あなたは手で乾いた壁の化合物の表面に触れることによって乾いているかどうかを調べることができます。あなたはそれを完全に乾燥させてから砂を塗って塗装する必要があります。

天井に砂を吹き込み、余分な関節コンパウンドを取り除く。細かいグリットのサンドペーパーを使用して、新しい乾式壁の表面を砂で拭きます。新しい乾式壁が天井と同じ高さになるようにハンドサンダーを使い続けると、パッチの端が見えなくなります。
ドライウォール用に特別に作られたサンドイッチ用スポンジを使用することもできます。

あなたの新しい乾式壁のパッチを塗ってください。あなたの天井に使用されたのと同じ塗料を使用して新しい乾式壁のペイント上にペイントします。元の色がない場合は、新しい乾式壁が見えないように天井全体を再塗装する必要があります。
塗装する前に必ずプライミングしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする