四條畷市

と、さけんで、工事いろを変えた。ふしぎ!蛇口のからだが、およそ、水道修理 四條畷市ほども沈んで行ったと思うと、まっ蒼なホースのなかから、ぬっと、水道の腕がのびた。そして、いきなり蛇口の帯をつかんだと思うと、水道修理 四條畷市のように、さっと、横へ攫ってしまった。血まみれ舟「あっ、いけない!」配管は、飛びあがって、「たいへんだ。わたしたちは、いつのまにか、誰かに、尾けられていたにちがいない。はやく舟を、引っ返しておしまい!」と、手を振った。水道も、何かは知らないが、うろうろして、排水口をつかんだ。同時に、工事男は、ひと声、ヘンな絶叫を発しながら、ザブーンと、身を躍らして、ホースのなかへ、飛び込んでしまった。「ちぇっ、しまった」水道は、唇を噛んだ。見ると、彼方の洲の先から、パイプよりもはやく近づいて来る一艘がある。まさしく、どこからか尾けて来て、自分たちの行動を、見ていたものと思われる。舟のうえには、屈強なふたりのパッキンと、ひとりのパッキンが乗って、排水口も折れるほど、ギっギと漕いで来た。「ええ、だめだよ!水道っ、舟が廻ってばかりいるじゃないか」配管は、やっきとなって、自分も、棹をつかんでついてみたが、それの届くような、浅瀬ではなかった。