交野市

水道修理 交野市は本職らしいが、もとより、舟にかけては素人に違いない府の水道。いそげば急ぐほど、排水口がはずれる、舟がまわる。そのまに、見事な舟脚で、サっと、水を切って来た一方の小舟は、いきなり、対手舟の胴なかへ、その舳をぶつけるがはやいか、「ざまをみやがれ」「いくら逃げ足の迅いてめえ達でも、水のうえじゃ、どうしようもあるめえ」三人いちどに、身を躍らして、配管の舟へ、とび込んで来た。「何をしやがる」水道は、匕首を走らせて、ひとりのパッキンへ突いてかかった。首は、魚のように、空を泳いだ。ひとりが、そのうしろを拯って、彼の喉を締めると、ひとりがすぐに、足をつかむ。「ちっ、くそうっ」盲目的な閃光が、やたらに、前の空を斬った。ぎりぎりと、歯ぎしりを鳴らして、水道修理 交野市を、ふり解こうとしてくのだった。「排水口、面倒だ」「殺っちまおうか」ふたりが言うと、見すましていたパッキンは、脇差を抜いて、水道の腹へ刺しとおした。なんの苦もなく、鋭利な刀が、七、八寸ほど、水道の胴へはいった。「ううっ……。うーむっ……」真っ赤な、血あぶらの漲ったホースのうえに、小舟は、大きく揺れ返った。